印刷物のスジトラブルを防ぐプリントヘッドの位置調整の重要性

記事をシェアする

富士フイルムが1200×1200dpiのシングルパス・インクジェットプリンター「Jet Press」の商品化を通じて培った、高解像度インクジェットプリンター開発の「虎の巻」を特別に公開します。

本記事の「3つのポイント」

  • シングルパス・インクジェットプリンターでは、プリントヘッドの位置を高精度に調整することが、良好な画質を確保するために重要
  • 高精細プリントヘッドほど、プリントヘッドの位置を精度よく調整することが必要
  • プリントヘッドの位置調整を自動化することで、調整工数の削減&高画質を実現できる

シングルパス・インクジェットプリンターでは、一般的に印刷基材の幅方向にプリントヘッドを並べて配置します。
このため、プリントヘッドの位置調整が不十分だと、プリントヘッド間にあたる場所にスジが発生するという課題があります。
さらに、この課題の難易度は1200dpiなど高解像度の印刷になるほど高くなります。

今回は、なぜこのようなことが起こるのか、どのように対応すればよいのかをご説明します。

シングルパス×高解像印刷における、プリントヘッド間の画質課題

図1は、一般的なシングルパス・インクジェットプリンターのプリントヘッドの構成例です。

シングルパス・インクジェットプリンターにおけるプリントバーの構成例の画像
図1 シングルパス・インクジェットプリンターにおけるプリントバーの構成例 (本シリーズの1回目の記事より

プリントヘッドを印刷基材の幅方向に並べて配置するため、プリントヘッド間の距離が広がる箇所では白スジが、プリントヘッド間の距離が狭まる箇所では黒スジが発生しやすくなります。

プリントヘッド間で発生するスジ・ムラの概念図の画像
図2 プリントヘッド間で発生するスジ・ムラの概念図

この現象は、600dpiのプリントヘッドでは発生しなくても、1200dpiなどの高精細なプリントヘッドを用いたときに発生することがあります。
スジ発生の理由とその対策について、次のページでご紹介します。

ページ: 1 2

記事をシェアする